カードローンを利用される方は知っておきたい改正賃金業法について

改正賃金業法とは何でしょうか?
総量規制とは何でしょうか?
消費者金融のカードローンを利用するのにどんな影響があるのでしょうか?

2010年6月18日に貸金業法が完全施行されたことにより、金融機関を利用するのに制限がかかるようになりました。制限と言っても、消費者、利用者を守るための法律が改正されたということですので、お金を借りるのが厳しくなったと捉えるより、安全になったとポジティブに捉えるのが良いでしょう。

 

以前は借りやすいということから計画性なく借りてしまうことで返済が滞ったり破綻する者が増えてしまい法改正ということになりました。多重債務や、自己破産、おまとめローンなど、今ではだいぶ少なくなりましたが、以前はよく聞かれた言葉でした。

 

多重債務問題を解決するために改正となった賃金業法ですが、以前よりも安心して利用できるようになったと言ってもいいのではないでしょうか。法改正により金利も下がったということもあり、払い過ぎた金利が戻ってくるという過払い請求という言葉は今でも聞かれます。

 

いわゆるグレーゾーン金利というのも法改正で撤廃されました。金利が29%まで取っていた金利は20%以下にまで下げられることになりました。廃業になった消費者金融も多かったです。生き残っている大手の消費者金融カードローンも銀行の支援を受けないと潰れていたかもしれません。

 

総量規制により借入可能額の制限が加わりました。

 

法改正により借入可能額が制限されるようになりました。年収の3分の1までが借入可能額になります。以前は年収に関係なく借りることができたというのはある意味驚きです。月々の返済額と月収のバランスが取れないということは最初から返済能力に問題ありということですが、そんなことは関係なく借りてくれるなら誰にでも貸すというのが以前の金融業者でした。

 

総量規制では、新規の場合、年収の3分の1までが借入可能額となっていますが、すでに他のカードローンから借りている場合は、その差額しか借りることはできません。年収の3分の1からさらに他の借入額を引かれた金額ということです。

 

例えば、年収が450万円の方で、すでに他社からの借入れが100万円あった場合では、新規での借入れは50万円までしか借りることが出来ないという事になります。それでも50万円借りることが出来るので、諦めずに申込むのも良いかもしれません。

カードローンを利用される方は知っておきたい改正賃金業法について記事一覧

カードローンを利用するのに総量規制とはどんなものなんでしょうか?

【総量規制】とはなんでしょうか?賃金業法の法改正により、個人消費者の「多重債務など借りすぎによる破綻問題」を解決するために構成された法律が「総量規制」です。規制というと、利用者が不利益を受けるようなネガティブなイメージがあるように捉えてしまいがちですが、この法律はそうではなく、個人消費者が「返済能力...

» 続きを読む

カードローンの消費者金融が利用する信用情報機関について

消費者金融などの金融機関が審査の際に、個人情報を紹介する機関があります。信用情報機関といって、過去に金融機関に利用履歴があれば、過去にトラブルがなかったかを問い合わせて情報を引き出して審査に反映させることができる機関です。国内にある3つの信用情報機関【JICC/(株)日本信用情報機構】【CIC/(株...

» 続きを読む