カードローンの在籍確認で落ちる場合はあるのか?

カードローン審査の在籍確認の電話連絡で落ちる可能性はあるの?

いいえ、在籍確認の電話連絡ステップまでいけばほぼ審査に通ったことになりますので、在籍確認の段階で落ちる方はほとんどいません。

では、在籍確認の審査で落ちる人はどんな人?

働いていて収入があるといのを証明するために在籍確認の審査がある訳ですから、そこに嘘がなければ審査に落ちるような事はありません。ただ、職場への電話連絡で、電話対応に問題があると審査に通らない可能性も出てきます。例えば、会社が休みでもないのに誰も電話に出ないとか、電話対応した方が申し込みされたお客様を把握していないという事も起こるかもしれません。電話連絡の審査までくるという事はそれまでの審査に問題はなかった訳ですから、ほとんどの場合安心して良いと思います。あとは、職場の事情によるところになります。

 

もし、職場での電話問題の可能性があるのだとしたら、やはりあらかじめ在籍確認の審査は電話なしでお願いするのが良いのではないでしょうか。

会社が大きい、小さい、あるいは会社の電話の対応が悪かったなど審査に影響はない?

全くありません。
会社の規模は無関係です、カードローンをする本人に安定した収入があれば会社が小さくても消費者金融側には全く関係ありません。あるとすれば勤続年数です。大企業に勤めているとしても就職してまだ日が浅い状態や、転職したばかりとなると、給料が良いとしても、それは審査に通りやすいとは言えません。

 

ちなみに、在籍確認の電話がきた際に、そっけない対応をしてしまったなど気にされる方もいらっしゃいますが、そういったことも一切審査には影響しませんのでご安心ください。

在籍確認の審査で気をつけるべき点ってなに?

在籍確認の電話は、カードローンをする方が本当にその会社で勤めているのかを確認できればいいだけの簡単な審査です。
ですので、ご自分が外回りなどで殆ど会社に不在の場合などは、職場の同僚の方などに、電話が来ることだけを伝えておいて、席をはずしてますと消費者金融側に伝言してくれるだけで、本人が出なくても在籍確認=OK!となり、審査が完了しますので、必ずしも電話を気にする必要はありません。

 

もっといえば、電話なしで在籍確認ができる書類のみでの審査方法もありますので、これからは在籍確認を気にせず、気軽な気持ちで消費者金融のカードローンやキャッシングが利用できればいいなと思います。