在籍確認について詳しく

カードローンでお金を借り入れする際には必ず審査があり、何よりも安定した収入を得ているかどうかが重要視されます。

・ このため稀に安定した収入を得ている仕事についていないにも関わらず虚位申告をする者が現れるために消費者金融や銀行では必ず勤務先へ本人が在籍しているかどうかを確認するための電話をかけます。これを在籍確認といい、カードローンを利用しようとしている人の不安の種の一つです。

 

・ なぜなら上司や同僚などにバレてしまわないかという不安があるからです。噂となるとすぐに広まってしまいます。以前に比べて消費者金融のイメージは良くなったとしても借金には変わりありません。悪いイメージを抱いている人も少なくないでしょう。また、人事にバレてしまったという話もあります。そうなると最悪の場合、リストラの際には真っ先に候補にあげられてしまう恐れも出てくるのは決して大袈裟な話ではないです。

 

・ 実際の在籍確認では極力融資する側もユーザー側に負担をかけまいとしてローンを利用していることが周りの人のバレてしまわないような電話内容にするため、バレることはほとんどありませんが、それでも不安な人には在籍確認なしのカードローンの利用がお勧めです。

 

・ ここでいう「在籍確認なし」というのは勤務先への電話を免除することを指し、周りの人にローンを利用しようとしていることがバレないことです。勤務していることは必ず証明しなければならないため、勤務先への電話を免除してもらう代わりに社員証や健康保険証、最近2ヶ月分の給与明細書などの提示が必要になります。

 

・ 提示する書類等が増えてしまうこと以外には特にデメリットも存在しません。注意すべきことに在籍確認なしで利用できるカードローンはあっても在籍確認しませんと大々的に宣伝している金融機関はないということです。メールや電話で在籍確認の電話を避けたい旨を伝える必要があります。

 

・ 具体的には、申込みの後にメールが送られてきます。「申込確認メール」です。そのメールに「必要事項」の欄がありますので、「職場への電話確認以外の在籍確認」のお願いを必ず記載しましょう。
それで、受理してくれる場合もありますが、多くの場合は、在籍確認の電話をNGにする理由を聞くための電話が携帯電話にかかってきますので、理由を丁寧に伝えましょう。

 

・ ただ、それまでの審査の内容によっては、希望通りにいかない場合も覚悟しておきましょう。この場合の審査の内容というのは、例えば「信用情報機関」に照合した結果、過去に金融関係のなんらかの軽いトラブルだったり(携帯電話の支払い履歴も含む)、勤続年数が短かったりすることも少なからず影響はします。