消費者金融についてもっと知りたい!

キャッシングっていったいどんなものなのか?

と一言でいえば、クレジットカードやキャッシングカードを使用して、消費者金融の窓口、ATM、キャッシュディスペンサーなどから借り入れすことをいいます。
引き出せる金額のリミット金額、契約の内容により変わってきます。
そして、契約前には借り入れの審査を行います。

この審査に通らなければ融資はしてもらえませんので大事です。

・ ATMなどからお金を引き出すこと行為は、自分の貯金してる口座から現金を引き出す感覚と似ており錯覚してしまいがちですが、自分の銀行口座から現金を引き出すこと自体は借金ではありませんが、消費者金融からお金を借りて引き出す行為=キャッシングは借金なのです。
ですから借りたお金は、ちゃんと返済しなくてはなりません。

返済方法は、キャッシングでは「翌月一括払い」が通常です。

・ 翌月の返済日には借入額に加えて利息分を加算した金額を、消費者金融に返済していきます。

 

・ すぐに自分に現金の持ちあわせがなくても、給料日にはきちんとした額が入金されるのが分かっている場合では、次の返済日に用意しなくてはならない金額が計画的に準備できるので安心です。やはり安定した収入が約束されているからこそ融資が可能なのです。

 

・ 一括ですから、いっぺんに払う金額は結構な金額になりがちですが、返済終了に至るまでにかかる期間が1カ月で済みます。返済設計もみえやすいですし、利息の計算もしやすいので、気軽に活用できる手段ではないでしょうか。

ちなみに、キャッシングもクレジットカードも同様に、審査の際に勤務先への電話確認が必ずありますが、その電話を回避できる代替案を用意している消費者金融もあります。
カードローンとは?
カードローンの活用ポイントは、ほぼキャッシングと似ています。

クレジットカードやキャッシングカード、あるいはローンカードを利用することで、窓口やATMやキャッシュディスペンサーでお金を引き出すことが可能となります。
契約によって上限が定められた金額の範囲内からなら、自由に何回でもお金の借入れが可能です。

 

キャッシングと同様に、活かすにはチェックすることがあります。

ここまでは、キャッシングとカードローンで相違点は 大してないでしょう。

キャッシングとまったく違うのは、「返済ポイント」です。

・ 「一括払い」が標準的なキャッシングと照らして、カードローンは「分割払い」が順当です。である為、キャッシングとカードローンの相違点は、「一括払い」と「分割払い」の違いだと言えます。

 

・ 分割払いのケースでは、月毎に少額ずつ払う返済プランを立てます。一度の返済額が少額である為に、各々のプレッシャーも少なく、順調に返済が続けられるという点が分割払いのメリットです。

借入れた金額が多額なときは、一括払いでの返済が難しいというケースもできるのです。

そのようなときには、分割で行うことで返済しやすくなるはずです。
・ 分割は一回の返済がしやすいかわりに、支払い回数や利子が増えてしまいます。長期にわたる返済になると、利息がその都度加算されるため、一括払いよりも利息分の金額が多くなってしまいます。

 

・ 要するに、返済完了までに支払う総額が増えてしまいやすいという点が、分割払いのデメリットです。しっかりと月毎に支払える金額で、加えて利息がさほど増えないようなペースで返済が出来るよう、緻密なプランを考えることが重要です。

 

・ インターネットを利用されている方でしたら、公式サイトに「返済シミュレーション」のサービスがありますので、自分の借入希望額と、月々の返済額と、返済期間を入力してイメージを湧かせることができます。返済期間を短くすれば月々の負担が増してしまいます。逆に月々の負担を軽くすると返済期間が長引いてしまい、利息も高くついてしまいます。バランスを考えて利用しましょう。

 

・ それぞれの利用目的に合わせた返済方法を選ぶとよいでしょう。生活費の補充などはできるだけ少額の借入れにして、次の給料日で完済できるようにしましょう。まとまったお金が必要になった場合はカードローンとして月々の返済額を無理のない程度に設定すべきですが、楽だからといって必要以上に少ない額にしてしまうと、金利が高くなってしまうので気をつけましょう。