転職したばかりのカードローン審査はどう影響する?

転職したばかりで利用するカードローンの審査はどう影響するのか?

カードローンの審査は他のローン商品に比べて貸倒の可能性が高いと言われています。

 

融資限度額まで繰り返し借入ができるため、融資残高が上限に張り付いてしまいがちで、そのような際に勤務先の倒産など、収入がなくなるような事があると一発で支払いができなくなるのです。

 

そのため、金融機関がカードローンの審査をする際には、審査が慎重になります。クレジットカードの審査はいつも通るのに、カードローンの審査は落とされたという人は珍しくないのです。

 

転職したばかりの人がカードローンやキャッシングを申し込むと、このような事情もあり、審査は不利になりがちです。ただし、新社会人の方に比べれば、今までの信用情報がありますから、日頃の行いが良ければさほどハンディはないかもしれません。

 

もっとも、勤続年数が長い人に比べれば転職したばかりの方は審査で不利であることは間違いありません。

 

カードローンに限らず、ローンの審査は突き詰めれば「回収可能性」の審査であり、無担保融資であるカードローンは給与収入の確実性が一番のポイントになります。

 

よく、派遣の仕事をしている人はカードローンの審査で不利だと言われますが、これは収入の確実性が低いためです。クビになる確率が高いと言われているので同様の理由で、正社員の方に比べればアルバイトやパートの方は審査では不利です。

 

転職したばかりの人は、勤続年数が長い人に比べれば、今後、その職場に長く留まり続ける可能性は低いと言えます。勤続年数が積み上がる例はあるとしても、結果的にそうなるかならないかは本人の頑張りだけでない環境というものがあるので、転職したばかりとなるとどんなに期待して欲しいと思っても、信頼度は低いと言わざるを得ないでしょう。

 

キャリアアップのための転職で給与が大幅に上がったという方もいらっしゃると思いますが、申込み時の審査に有効なのはやはり勤続年数です。年収が数百万アップしたと言ってもそれはこれからもらえる予定の額なので効果は薄いといえます。審査で重要なのは金額ではなく安定した収入、という事なんです。

 

そのため、転職したばかりの人は、カードローンやキャッシングの審査では必然的に不利になります。ただし、先ほど述べた通り、過去の信用情報の内容が良ければ、さほど大きなハンディが付くことはないはずです。

 

年収の額によって借入額が変わってしまうのにはふたつの理由があります。ひとつは総量規制の対象になっているため、年収の3分の1までしか借り入れができないので、その範囲内でのキャッシングとなります。もうひとつは月々の収入によって返済額が決まってきます。月々の支払いが無理なく継続できる方法を選ばざるを得ません。