審査結果で限度額が決まるその重要性とは?

どのくらいの金額までを消費者金融では借入できるのでしょうか。

消費者金融で受けられる融資額は審査を通して決められます。消費者金融といっても、各業者によって融資できる金額の上限が異なり、その上限以上の融資を行うことはできません。

 

重要なポイントとしてもう一つ、消費者金融においては総量規制がある為、年収の3分の1以下でしか貸付が許されていないということです。

 

例でいうと、A業者の融資可能上限額が1000万円と定められていても、実際にその上限額いっぱいを借入するには、最低でも年収が3000万円以上である必要性があるわけです。

 

このような金額は現実的では無いですよね。審査で決定される限度額。

融資をする際に、実際の貸付限度額をどのようにするかは審査によって決められます。総量規制の規定では、年収の3分の1が限度額の上限とされていますが、初めからその上限で融資を得ることができるかどうかは、審査を受けて見ないとわかりません。

 

そこで、融資金額を設定するための審査対象となるのが、過去のカードローンの利用実績や年収・職業などです。

 

人によりますが、早い段階で限度額が上限いっぱいまでの設定になる場合もあるようです。融資可能額が小額なケース。消費者金融業者が一番避けたいのは、貸付後に未返済となること。

 

消費者金融の審査の目的は、このような未返済になるリスクをできるだけ減らすことであり、返済能力が認められない人には貸付はしない。

 

という決断が下されます。融資を申し込み、実際の借入上限額が申し込みの金額よりも減っていたという時には、審査で何か問題があったことが考えられます。

 

例えば、既にいくつかの会社から多額の借入をしているなどのケースには、融資を受けられる限度額も少なくなっているため希望する額が借りられなかった時には、ご自身の借入状況を確認してみましょう。

 

限度額が上がる可能性もある!?

消費者金融への申し込みで、10万円の融資金額を希望したところ、20万円の限度額で借入可能になったということもあります。これは、職業や過去の利用実績などの人物属性が優秀だという審査結果がでたというケースです。

 

こうしたケースでは、より多くの金額を借入することができます。ですが、借入後の返済を考えると、高額融資がいいことだとは一概に言えませんので、そのような時にはご自身で計画的に利用するよう気をつけましょう。