消費者金融カードローンを利用することで影響することは?

消費者金融を利用すると住宅ローンの審査が厳しくなるってホント?

銀行の審査が厳しいと言われている原因の一つに、他の金融機関からの借入を嫌っていることが挙げられます。銀行は他の金融機関から借り入れをしている人は、どれだけ借入をしているかわからないという疑念を持つのです。要するに多重債務を警戒しているわけです。

 

銀行のこのような融資姿勢は、住宅ローン審査の際に如実に表れます。住宅ローンを利用するため、いったんすべて解約したとしても「また借りるのではないか」と疑われるのです。

 

一見冗談のように思えるかもしれませんが、これが銀行の基本的な考え方なのです。

そのため、消費者金融を利用していること自体が銀行融資の審査では不利に働きます。住宅ローンのような長期のローンでは、なおさら不利に働きます。将来住宅ローンの利用を予定しているならば、消費者金融の利用は相当慎重にすべきでしょう。

 

ただし、例外もあります。自分の取引銀行でカードローンの申込をするのです。この場合、利用と返済をきちんとしていればかえって信用が付きます。住宅ローンの審査の際にもこの実績が生きます。

 

しかし、銀行系カードローンの審査など通らないと思っている人も多いでしょう。

実は銀行系カードローンは審査が厳しそうに見えても、案外通りやすくする方法は存在します。口座を作り給与振込口座にするのです。昔から持っている銀行口座があれば、その銀行でカードローンを作ればいいでしょう。

 

銀行をコロコロと変える人もいますが賢い行動ではありません。長年の取引が信用を生み、カードローンや住宅ローンの審査を有利にするのです。取引銀行は一本化すべきなのです。

 

最近では、銀行カードローンをテレビコマーシャルで見る機会が増えているかもしれません。そこでのキャッチフレーズも以前と違って「来店なし」「口座なし」「即日融資」「30日間無利息」「収入証明書なし」とほとんど消費者金融同様のサービス体制であることに驚きます。

 

もちろん、口座があるとよりスムーズに契約ができるのは確かですが、パソコンやスマートフォンでの申込みを充実させていることは間違いないようです。