勤務先に在籍確認の連絡があるのはなんのため?

消費者金融を利用するにはいくつかの審査があります。

在籍確認の電話連絡

お金を借りるにあたって、最も重要なのが、実は返済能力なんです。そのために勤務先について確かめる必要があります。
免許証などで照合できますが、お金を借りる、融資、ローン等を利用するには、毎月の返済能力が求められます。つまり働いていて、一定の安定した収入があることが大前提なのです。無職ですと、お金を借りることはほとんど難しいでしょう。

 

勤務先に在籍しているかを確認するために、職場に電話をかけてきます。
本人が電話に出られなくても、電話の対応で「○○はただいま席を外しております」という返答を聞くことができれば、それで在籍確認の審査は完了です。もし本人がいる場合は、本人を確認するのに誕生日の確認のような簡単な質問をして終わりです。

 

電話をかけてくる時に、消費者金融の会社名でかけてくる?
そのように誤解されている方もいらっしゃるようですが、電話をかけてくる担当者の個人名を名乗りますので、安心です。もし消費者金融を名乗ってかけてくると、職場の同僚に消費者金融を利用していることがバレてしまうということで不安に思い、利用を躊躇う方も多いようですが、決してそのようなことはありません。

 

消費者金融はお客様の個人情報を大切に扱います。
例え、勤務先であっても申込みをしていただいたお客様の個人情報を第三者に漏らすようなことは決してありません。法律上厳しく制限されています。ですので、在籍確認の電話で同僚や上司の方にバレないように慎重に電話をかけてきますので、安心して大丈夫です。

 

消費者金融の審査に関して

消費者金融が重要視するのは返済に関してです。お金を貸す側ですから、完済させることをまず第一に考えます。ですが、お金を借りる側は申込む段階では返済のことをあまり考えてないことのほうが多いようです。「とにかく今すぐお金を工面しないといけない」そう決断して消費者金融に申込むわけですから、月々の返済額や返済期間、利息はどれくらいかかってくるのかなど、あまり冷静には考えられないでしょう。

 

ですが、消費者金融はまずそこから考えます。返済が問題なくできるのか、毎月いくらの返済額なら無理なく続けられるのかなどです。お金を借りたい側とお金を貸す側の温度差は仕方のない事ですが、借りる側としてはもう少し返済のことについて冷静に考える必要があるようです。

よくある質問に、カードローン在籍確認の審査で勤務先にかかってくる電話連絡は、最初の1回だけなのか?というものです。在籍確認の審査としては最初の1回だけで確かめることができたのであればそれで終わりです。ですが、職場に確認の電話がかかってくるのは実はそれだけではありません。

 

カードローンの返済が遅れた場合でも勤務先に確認の電話がかかってくる場合があります。ですが、いきなりかかってくるわけではありません。返済が1日遅れた場合、返済日の確認としてまずはメールが届きます。そして本人の携帯電話にかかってきます。もし、そこで返事なり対応なりをしなかった場合、自宅に確認の電話がかかってきます。それでも対応しなかった時は、勤務先にかかってくることになります。順番としては最後になります。それまでに対応して、すぐに支払いますとか、いつまでに支払います、という約束をすれば自宅にも職場にも電話がかかってくることはありません。