最近は、勤務先への電話による在籍確認なしでカードローンができるようになりました。

・ ネットからの借入申し込みの空欄などに、職場への電話禁止と記入しておくと、電話の代替措置として、別途、社員証もしくは給与明細や収入証明書などをFAXか写メすれば完了です。とても簡単なうえに、誰にもばれずにローンが組めるので安心です。

ローンをする際の在籍確認の審査とは?

消費者金融会社の勤務先への電話の審査はもう審査の中でも最終的な審査ですので、この電話確認が終われば審査にはすべて通過できたという証拠です。まれなケースを除きそう思って間違えはありません。

 

・ 勤務先に電話がかかってくるというと抵抗があるのは仕方がないですが、あまり心配をせずに電話審査が終わるのを待ちましょう。通常電話は担当者の個人名でかけてくれて、内容もシンプルでスムーズ。申し込み者が実際その日にいなかったとしてもほかの同僚の方が「○○は現在、席をはずしております。」もしくは「○○は本日お休みをいただいております。」といった内容の言葉を伝えれば在籍しているという証明になるので在籍確認の電話というのは終了となります。また再び電話がかかってくるということはありません。

 

・ ただ、たまたま誰も電話に出ることが無かったり、社員個人の情報は漏らさないといった会社であればこの在籍確認は失敗となり、せっかく今までスムーズであったのに、融資が得られなくなることもあるのです。在籍確認の電話というのは必ずあるものですので在籍確認がある日の電話に誰も出なかったなんてことにならないように、検討しましょう。例えば同僚にクレジットカード会社から在籍確認の電話があるからという風に話をしておけば消費者金融会社と知られることもなく、怪しまれる心配もありません。

 

・ それでも職場に電話をかけてもらうリスクを考えると、電話連絡なしをお願いしたほうが間違いないという事もあります。その辺りは消費者金融側も想定内の事ですので、会社の事情をしっかりと伝えるのが良いでしょう。消費者金融側も在籍確認の電話なしリクエストは想定内の事なので、お願いされたとしてもそれが理由で審査に影響する事はありません。

 

・ 数百人以上の大きい企業ともなると、外部からの私用電話は人事に回される事があります。会社の電話窓口でもすべての社員を把握しているわけではないのでそんな場合は電話は人事に繋がります。人事としてはそういう電話に慣れているので、すぐに消費者金融などの在籍確認の電話審査だとわかってしまいます。消費者金融なのかクレジットカードなのか、というところまで把握されてしまいますので、気をつけたほうがよいかもしれません。