会社に電話連絡なしでカードローンをすることができるんです!

最近は、電話ではなく書類だけで勤務先への在籍確認を完了させる金融が増えてきて、人気がでてきています。

 

やはり、職場で仕事をしてる中に自分宛に金融から電話がくるのは、気まずいものですよね。

 

ですので、別途、簡単な書類だけで審査を完了させる流れが増えてるようです。

 

アルバイトや学生の場合はどうするの?

という疑問も聞こえてきそうですが、同様に電話なしで借り入れができます。

 

ただ、正社員の方は追加で出す書類が社員証のみでOKなのですが、アルバイトや日雇い、自営業などの場合は、給与明細、もしくは収入証明書などの提出が必要な場合があるのです。

 

それさえきちんと出せば、水商売でも、コンビニ勤務でも、どんなお仕事でもOK!
どんな雇用形態でもOK!なんです。

 

カードローンをするときの会社や職場への電話について

初めて消費者金融カードローンを申し込むけどなぁにぃ??
電話連絡による在籍確認って、、そんなんがあるんだぁ!と驚かれる方もいるかと思います。お金を借りるということは信用できる、ちゃんと仕事をしていて返済能力がある方でないとできないということなのです。仕事もしてない、収入が無い方に何万円も貸したらお金は返ってきませんよね。消費者金融会社カードローンが利用できるのはちゃんと毎月一定の収入がある方というのが条件なのです。

 

主婦や学生でもでもパートやアルバイトで1年以上働いて毎月安定した収入がある方であれば消費者金融の利用が可能です。電話連絡による在籍確認というのは、申し込みフォームに記載された勤務先の内容に間違えが無いか、本当にちゃんと在籍をしているかを確認するためのもの。その電話は消費者金融会社とばれることはまずありません。

 

消費者金融の会社名を名乗ることはなく、担当オペレーターの個人名や本人の希望の名前があれば先に相談をしてくれればその希望名を名乗って電話をしてくれます。本人が電話に出なくても、その場にいなくても、同僚の方が「ただいま○○は席をはずしております。」と答えれば在籍しているということですので、在籍確認はそれでおしまいになります。

 

ただし、どうしても職場の環境で在籍確認の電話が困るという場合には、違う方法で在籍確認としてくれる会社もありますので安心してください。違う方法とは電話連絡による在籍確認ではなく書類提出による在籍確認となります。とにかく、職場に電話連絡が困る、という場合は申し込みを行う消費者金融会社のフリーダイヤルで相談してみると良いでしょう。