未成年でもカードローンやキャッシングはできるの?

新宿区高田馬場の辺りはいくつもの大学があり、昔から学生を対象にした消費者金融が多くあります。
しかし、そのほとんどは未成年を対象にしていません。とはいえ、その中にたまに大学1回生から貸付をしているケースがあります。

ただし、その場合は保護者の承諾書を必要とするため、利用の際にはちょっと面倒なことになるでしょう。ちなみに高校生に対して貸すことはあり得ません。

 

未成年者に対して貸付をしてはいけないという法律はありません。しかし、未成年者は民法で言う「行為能力」がないので、保護者の承諾書がないと返済不能の際に回収をすることが難しくなる場合があります。

 

そのため、念のために保護者の同意書を必要としているのです。ただし、子供に消費者金融の同意書を見せられて、借金をすんなりOKする親は少ないでしょう。同意しない親もいるはずなので、未成年に対するキャッシングやカードローンはハードルが高いのです。

 

また、銀行の中には大学生を対象にして、少額のカードローンを提供している場合がありますが、20歳を越えている大学生であったり、事実上親が申込をしている場合だったりします。奨学金のような貸付形態を取っているキャッシングやカードローンはありません。大学生でも20歳を超えていれば単独で借りることは可能です。

 

クレジットカードの中には、キャッシングサービスがついたものがあります。この場合、限度額は少ないですが、キャッシングサービスを受けることは可能です。

 

商品説明書に保護者の承諾書の要否が表示されていないこともありますが、必要となるはずなので事前に確認したほうがいいでしょう。なお、銀行系カードローンはすべて20歳以上が対象になっており、未成年の方が利用する事はできません。

 

このように未成年者がキャッシングやカードローンを利用する事はできないわけではありませんが、そのためには結構高いハードルがあるのです。実際、プロミスやアコム、そしてモビットなど大手の消費者金融では年齢制限があり、未成年単独の場合、20歳になるまでは利用することができないので気をつけましょう。

 

消費者金融の年齢制限に関しては20歳から69歳までとあります。

ですので、70歳を越えている方も消費者金融を利用することはできません。働いていても70歳を越えているとカードローンはできません。しかし、今後、年金受給額が引き上げられるような状況に変化していけば、この年齢制限も変わっていくかもしれません。

 

それと同様に、今後、参政権など成人の規定が変化していくことは確実視されていますので、カードローンの利用制限も20歳より引き下げられるような事はあるかもしれません。