消費者金融のカードローン審査は免許証だけで通る?

免許証やパスポートがない場合、保険証だけでカードローン審査に通るのか?

・ 消費者金融では通常は身分確認を運転免許証でしています。そのため、それ以外の方法で身分確認をする際にはちょっと面倒です。

 

・ 顔写真があるパスポートであれば身分確認書類として有効ですが、顔写真がついていない保険証は身分確認書類として利用することはできますが、消費者金融によっては住民票のコピーを一緒につけてほしいと言われることがあります。

 

・ このあたりの判断は消費者金融や信販会社によってまちまちですが、顔写真がないというだけで信ぴょう性に不安があると判断されているようです。

 

・ もっとも、最近はインターネット経由の申込が増加しており、消費者金融の担当者と一度も顔を合わせることなく契約が成立することが増えています。そのため、運転免許証、パスポートなどは証明書として顔写真の有無はとても重要です。

 

ただし、身分確認書類として一番有効なものは運転免許証です。

・ 信用情報を取り寄せたことがある人は知っているでしょうが、自分の信用情報に運転免許証番号が記録されています。運転免許証番号は変わることはありませんから、本人確認の手法として非常に有効です。運転免許証などをお持ちでない場合はマイナンバーも有効です。

 

・ 身分確認がスムーズに進むということは、審査もスピーディーに終わることも意味します。最近の消費者金融は即日融資を原則としており、実際にそのようになっています。午前中か14時までに申込みを済ませればその日のうちに振り込みが完了している事もあります。

 

しかし、保険証を身分確認書類とした場合、審査が遅れる可能性があります。

・ もっとも、過去の審査で保険証を利用し、その実績がいくつかある場合は、信用情報を確認した消費者金融の担当者も身分確認書類として信用できると判断し、審査スピードがさほど遅くならないかもしれません。

 

いずれにせよ、運転免許証を利用した場合に比べれても、審査が遅くなるようなことはありません。

個人番号提出の際の注意点

個人番号というマイナンバー制度が始まり、身分証明書のひとつとして利用できるようになったと思います。

 

本人確認書類や収入証明書類にも記載されている事があるマイナンバーですが、この個人番号を消費者金融の審査で使用する際は気をつけなければならない点があります。

 

消費者金融の審査ではこの個人番号を収集することはありません。

 

なので、証明書類の提出の際はこの個人番号が記載されている箇所を閲覧できないように隠して提出する必要があります。