レディース専用のカードローン・キャッシングは通常のものと何が違うの?

消費者金融を中心にして女性向けのローン商品が多く発売されています。

消費者金融によっては、女性専用の店舗もあり、店長以下全員が女性という店舗も存在します。女性にとっては女性が対応してくれることは心強いですし、男性には言いにくいことも話しやすいのでしょう。男性の消費者金融の利用の仕方はずはり勢いです。勢いで申し込みます。そしてお金を借りた後で、その内訳を知っていくと言った感じが多いです。ですが、女性の場合の多くは、電話をかけて担当者に相談するところから始まります。

女性スタッフ対応の女性専用で安心のキャッシングサービス!

女性専用の窓口はこちら
プロミスレディースキャッシング

電話対応してくれるのが男性だと相談はできませんが、女性スタッフなら不安や心配事を話しやすいですし、安心して申し込みができます。

 

とはいえ、審査の面では女性専用だからと言っても、その内容に変わりはなく、期待しないほうがよいでしょう。女性に優しいと言っても審査が優しい訳ではありませんし、審査条件のレベルが下がる訳でもありません。

 

専業主婦の方は無職扱いになるので消費者金融でキャッシングをする事はできません。

女性は男性に比べ堅実ではないかといわれるかもしれませんが、実際に買い物の量が多くてクレジットカードの支払が滞り自己破産や任意整理などの債務整理をする女性は少なくありません。

 

消費者金融の審査は、収入や家計費支出などから計算した毎月の返済可能額を基本とし、それに信用情報機関から取り寄せた信用情報を加味して行います。信用情報とは過去のキャッシング利用履歴などのことになります。今まで一度もお金を借りたり、クレジットで分割のショッピングをしたことの無い方はこの信用情報機関に履歴は残りません。

 

これによって融資限度額を算定するのですが、人によってはゼロ以下になることがあります。つまり、審査落ちです。男性も女性もこのような審査を通過しないとカードローンもキャッシングも契約ができません。

 

つまり、レディースプロミスのようなレディース専用のカードローン、キャッシングは審査面では優遇などはないものの、申込みの対応などが絶対に女性であるという点が違います。

 

男性からすると大した話には思えないかもしれませんが、自分と同じ年代の男性にプライベートである金銭的な悩みをいうことは難しいものです。

 

また、女性にとって消費者金融のイメージは「怖い」ものなのです。ナニワ金融道という漫画があったと思いますが、女性が持つ消費者金融のイメージはこの漫画そのものなのです。

 

一見すると、何の価値もないように思えるレディース専用商品や女性スタッフによる電話対応を消費者金融が競うようにして設定している理由はここにあります。女性の場合はただお金を借りることが出来ればよいというわけではなく、お金の相談も必要ということです。