消費者金融カードローンについての疑問にお答えします

消費者金融カードローンを初めて申し込む方に安心して利用していただくためにいくつかの疑問についてお答えしていきます。

クレジットカードを2枚所有しているのですが、あらたに消費者金融のカードローンを申込む際に総量規制などの影響はありますか?

はい、お答えします。
クレジットカードには、お買い物をローンで支払っていくショッピング枠と、クレジットカードでお金を借りるキャッシング枠のふたつがあります。ショッピング枠でしたら、総量規制の対象になりません。これは、銀行の住宅ローンや車のローンなどと同様に扱われますので、お金を借りているということにはなりません。一方、キャッシング枠についてはお金を借りるということから、総量規制の対象になってしまいます。こちらは他社の消費者金融でお金を借りていると同じことになりますので、消費者金融に申込む際には、他社からの借入れを書き込む箇所に、キャッシング枠から現在借りている額を、記入しなければなりません。他社からの借入れが何もなければ、年収の3分の1が借入可能な金額でしたが、他社からの借入れがあれば、年収の3分の1からさらにすでに借りてる金額を引いた額が借入可能ということになります。

給料日まで一万円だけ借りたいのですが、小額でも借りれますか?

はい、お答えします。一万円からでも借りられます。契約時に決まった借入限度額の範囲であれば少額でも高額でもいくらでも借り入れが可能なので、安心してください。

営業なのでほとんど会社に不在です。在籍確認の電話連絡はどうなりますか?

はい、お答えします。在籍確認の電話なしでも借り入れできますし、ご本人が不在でも同僚の方などが不在であることを伝えるだけでも在籍確認の審査は完了できます。その際もちろん消費者金融の会社名は名乗りませんので安心です。

収入証明書は何を用意すれば良いですか?

はい、お答えします。次の書類のうち、どれかひとつを用意すれば大丈夫です。
【源泉徴収票】【確定申告書】どちらも最新のものが必要です。そして【給与明細書】こちらは直近2ヶ月+1年分の賞与明細書が必要になります。賞与の無い方は直近2ヶ月の給与明細書を用意する必要があります。

勤務先にかかってくる確認の電話は本人が出ても大丈夫ですか?

はい、お答えします。カードローンの申込みのあと、在籍確認の審査を行いますが、勤務先への在籍確認の電話連絡は会社の方が出られても、本人が出られても問題ありません。申込み時に記入された勤務先に在籍しているかを確かめることが目的ですので、どちらでも大丈夫です。本人の場合は、本人確認を簡単に行います。生年月日を聞かれる程度の簡単なものです。本人確認が出来ましたら、その場で審査は完了となり、契約になります。

消費者金融に申込む前に借入れが可能か知る方法があったら教えて下さい。

はい、お答えします。それぞれの消費者金融の公式ホームページには「借入診断」というページが用意されています。各消費者金融によって名称は異なりますが、3項目を入力するだけで借り入れが可能かを簡易的に診断できるサービスです。入力する項目もそれぞれことなりますが、例えばプロミスは「生年月日」「年収」「現在のお借入金額」の3項目になります。この場合、診断材料としては年齢制限と総量規制の対象になっているかどうかになります。この診断では、年収が少ないと借り入れが難しいのではないかという判断はしません。年収の額は審査の対象ではなく、年収の3分の1の額が、すでに他社から借りている額との差にどう影響してくるかを判断する基準になっているのです。