カードローンの在籍確認で不在の場合は審査はどうなる?

 
カードローン審査における在籍確認の電話の際、本人が勤務先に不在だとどうなるのでしょうか?

例え勤務先で自分が不在でも、同僚の方などが電話対応して、あなたが席を外している事、もしくはお休みをとっている事を伝えるだけで、在籍していることの確認が取れたことになりカードローン審査に通ります!

 

それで在籍確認の審査は完了なので、不在であった場合でも、その後再び勤務先に確認の電話がくることはありません。

 

アコムに申し込みをした場合でも同様で、申込みのタイミングで勤務先に不在でも心配することはありません。

不在でも会社にいるどなたかが電話に出れば在籍確認はOK=取れたことになるので、そのままカードローン審査に通り、即日カードローンもすぐに利用できる場合も多いです。

 

在籍確認なしカードローン

↓最短即日融資が可能!↓

↑在籍確認の電話が不安な方にオススメ!↑

ただ、もし、職場に誰もいなくて電話に誰も出れない場合はこの限りではありません。

同僚のどなたかが電話対応をされて、あなたがその会社に在籍している証拠となるように、不在を証明してくれなければいけませんから、勤務先の留守電などでは在籍確認の電話審査は有効にはなりません。

 

職場のどなたも外部からの電話対応をしてくれないという職場に関しては、あらかじめアコムなど消費者金融側に伝えておく必要があります。その上で電話なしにしてもらう相談をするのが良いでしょう。

 

在籍確認の審査は自分が不在であっても、同僚のどなたかが対応すれば良いわけですから、同僚の方に予めお願いしておくのもよい方法で安心でしょう。その場合、正直に消費者金融からの審査の電話とは言えないと思いますので、クレジットカードの審査等の言い訳なら、アコムの場合ではクレジットカードもありますので問題はないでしょう。同じ審査でも、消費者金融とクレジットカードだとイメージは大きく異なります。

 

営業などのお仕事や夜間などでないと電話に出れないような特殊な環境の場合は、やはり電話確認ではなく別の方法による在籍確認が良いかもしれません。その場合は、申込時に担当オペレーターからの本人確認の連絡の際に、事情を伝えましょう。

 

勤務先での対応がなかなかうなく行かない可能性がある方の場合は、別な方法で在籍確認を行うほうが、即日融資にも対応になるので、こちらが早く借りれるはずです。

 

勤務先名が表記されている健康保険証は在籍確認の電話連絡の代替案としては大変重宝される証明書ですが、残念ながら正規雇用の正社員や公務員の方ぐらいしか持てませんが、同じく勤務先名の表記されている給与明細書や源泉徴収票は非正規雇用のアルバイトやパート、派遣や自営業の方でも提示が可能なので、電話確認の審査に不安な方はあらかじめ用意しておくのが良いでしょう。

 

必要な証明書類はスマートフォンからでも写メで証明書類の写真を送ることは可能ですし、とてもスムーズに審査は進みますが、ただ写メは簡単に写真が撮れると同時に、いちいち確認しないで送信してしまう事も多く、審査に必要な書類として重要な文字や数字などの情報が読み取れない状態も少なくありません。ピンボケだったり、フラッシュの反射だったり。審査に必要な情報がしっかり写っているか、送信する前にもう一度確認しましょう。やり直しになってしまうと、せっかく即日融資が可能な時間帯に申し込んでも次の日になってしまいます。

 

主婦や学生、アルバイトメインのフリーターの場合は、毎日出勤していない方も多いと思います。

そういった場合でも、バイト先の方などが電話に出てくれれば在籍確認=OK!となるので、会社勤めでなくても自分が不在でも大丈夫です。こちらもやはり、誰も電話対応の出来ない職場となると、審査に通らない可能性というものが出てきます。担当者にあらかじめ電話対応が可能な時間帯を伝えるのもありでしょう。